【新古車購入@なび】 未使用車選びのコツとポイントはコレ!

新古車(未使用車)とは?

新古車(未使用車)は人気があるために、店頭やホームページにアップされるとすぐに売れてしまいます。一般では知られていない、未公開車両の情報から探すことをお勧めします。気になる車種で一度探してみてはいかがでしょうか?
未公開車両60万台から探してみる

 

新古車という言葉について

 

まずは、この新古車と言う言葉についてご説明します。本来、販売されている車は「新車」か「中古車」の2種類しかありません。

 

? じゅあ新古車って? と思われる事でしょう。

 

新車はその名の通り、まだ誰も乗っていない車、ご説明の必要はないですね^^

 

新古車は、その「新古」という表現が新品と間違いやすい、紛らわしい、という事もあり、最近では「未使用車」という表現で販売しているケースが多いです。実際に中古車販売の店頭やチラシなどでは表記を規制するようになっています。

 

「未使用車」これまたあまり耳にしない言葉ですね。

 

かなり前から「新古車」という表現は普通に使われていて、「未使用車」よりも市民権をもっています。

 

ですので、当サイトでもあえて「新古車」という言葉を使ってゆきます。
ご了承ください^^
新古車

新古車とは?

新古車=未使用車は登録だけされた車をさします。未だ誰も使っていない=未使用車なので、「新古車」とは、きわめて新車に近い中古車、と言う事になります。

 

販売店からしても、普通の中古車とは”違う”と言う事を、どうしても伝えたくて「新古車」と言う言葉を使いだしたのでしょうね。

 

なぜ、新古車が市場に出てくるのか

 

新車の販売ディーラーは自動車メーカーに対して年間の新車の目標販売台数をコミットします。その販売目標が達成できれば、自動車メーカーから報奨金が入ります。それも結構な額と聞いています。

 

ですのでディーラーは何としても目標を達成したいのですが、あと数台足りない・・なんて事もあるわけです。

 

そういった場合は、自社で新車を買って、目標をクリアするのです。この目標台数は自動車が「登録」されて初めてカウントされるので、ディーラーは購入して登録までします。

 

この登録だけされた車が「新古車」として市場に出てくるのです。

 

新古車のメリット

 

新古車のメリットは何と言っても”安く買える!”というところです。車体本体は当然ですが、新車なら別に払わなくてはならない重量税や自賠責保険が既に登録時に払われているので、かかってきません。これだけでも結構な金額になってきます。

 

当然、走行距離も短いのが当たり前です。登録と移動だけなので、走行距離が数キロという車がほとんどです。

 

しかし中には、未使用車と言いながら数千キロの走行距離の車もあります。これは、試乗車として使われていた可能性があります。

 

試乗車は敬遠される傾向もありますが、実はお買い得である場合も多いです。

 

なぜなら、試乗車にする車は、人気のボディカラーが多く、装備も豪華なラインナップが多いです。アルミホイールやエアロパーツを装備しているケースもあって、価格は走行距離や試乗車であったことを考えて安く設定されます。

 

数千キロの走行距離を気にしなければ、お買い得と言えるでしょう。

 

納車までの期間が短いのもメリットです。新車ですと、発売前から人気のある場合、契約して半年後に納車、なんてこともありますが、新古車の場合は大体2週間くらいで納車されます。

 

新古車のデメリット

 

新古車にもデメリットはあります。既に登録されているので、次の車検までに期間が新車の3年に比べて少し短くなります。1年以上も車庫でディーラーも寝かせるわけではないので、長くても半年、と言ったところでしょうか。その分の車検の有効期間が短くなります。

 

また、好きな車種やボディカラー、装備が選べるとは限りません。メーカーオプションも既に完成して登録が済んでいる車なので後から付けるることはできません。

 

流通在庫に「あるものから探す」と言う事になります。でも、お買い得で人気のある新古車は、店頭やホームページで公開されると、本当にあっという間に売れてしまいます。まぁ、当然と言えば当然ですよね。

 

どうやって新古車(未使用車)を探すの?

 

そんな人気の新古車(未使用車)の情報を簡単に手に入れる方法は無いのでしょうか?

 

安心してください!ありますよ♪

 

ホームページなどに公開されている車両情報は、実は全体の30%しかない!という事実をご存知ですか?

 

オークション等で仕入れられて店頭やホームページに公開されるまでの状態の車が70%もあるのです。これを非公開車両といいます。

 

しかも程度の良い、お買い得な車はその非公開車両のなかからどんどん売れてゆきます。この非公開情報から気になる車種の新古車を探してもらいましょう。

 

もちろん無料ですし、備考欄に「車種○○の未使用車でお願いします」と記入すれば、相談だけでもOKです。

 

非公開車両60万台から探してみる

 

あなたの新古車選びのお手伝いげできれば幸いです。

 

いい新古車と巡り合えますように♪