新古車(未使用車)の購入に必要な書類について

新古車(未使用車)の購入に必要な書類について

必要な書類

 

車を購入する際は、色々な書類が必要になります。また、契約時に必要な持ち物もあります。

 

大体は、事前に販売店が指示してくれますが、取得に時間のかかるものもありますので、事前に知っておくと、慌てなくて済みますよ。

 

新古車(未使用車)の購入に必要な書類

 

印鑑証明書

 

名義変更などに使用する印鑑が、「実印」であることを証明するための書類です。発行から3か月以内のものを求められるので、取得しておく必要があります。

 

もし、「実印」をまだ持っていないのであれば、まずは、印鑑登録が必要になります。印鑑登録は大きさの制限はありますが、形の制限はありません。一人1個だけ登録できるものです。

 

不動産の購入や公的な書類を作成するときにも必要になりますので、この際に作っておきましょう。ちなみに店頭で売っている数百円の認印を登録すのではなく、「自分だけの」印鑑を作りましょう。

 

インターネットで探しても、1週間もあれば作成してくれます。

 

また、ローンを組んで自動車を購入する場合で所有者が販売店や信販社の場合は、印鑑証明や実印は必要ありません、別に銀行印や通帳、住民票が必要になります。

 

車庫証明書

 

正式には「自動車保管場所証明書」といいます。長いので「車庫証明」と表記しますね。

 

購入した車の保管場所を適切に準備しています、ということを証明する書類です。通常は、販売店が代行して作成、取得してくれます。その手数料は、1万円〜2万円位が相場です。

 

自分で取得することも可能です。その場合は印紙代だけで済みますが、平日の昼間に2回、警察署(派出所ではありません)に出向いて、手続きをする必要があります。

 

 

委任状

 

車の登録手続き等を、販売店に代行してもらうのに必要な書類です。販売店が用意してくれますので、ユーザーが準備する必要はありません。それに記名、押印することで完成します。

 

 

軽自動車の必要書類は少し異なる

 

購入する新古車(未使用車)が軽自動車の場合は、必要な書類も少し異なります。

 

印鑑証明は必要なく、印鑑も認印でOKです。なぜかというと、普通車は、家やマンションと同じ「資産」として扱われ、登録(不動産の場合は登記)が必要です。

 

一方、軽自動車は「資産」とはみなさないので、軽自動車検査協会に必要書類を届け出るだけでOKなのです。

 

また、住民票も必要になります。車庫証明は、必要な地域と不要な地域があります。このあたりも、販売店が教えてくれますので、あまり心配はいりません。

 

 

下取りや売却をがある場合

 

販売店に下取りで車を引き取ってもらう場合は、下記の書類も必要になります。

・印鑑証明書(購入書類とは別に必要です)
・自動車検査証(いわゆる車検証です)
・自賠責保険証
・自動車税納税証明書
・リサイクル券

 

いかがですか、結構手間がかかりそうですね。でも、基本的には販売店が行ってくれますので、ご心配はいりません。

 

もし、気を付けなければいけないことがあるとすれば、それは愛車の査定金額です。

 

査定金額は、どこで査定を受けるかによって大きく金額が変わってきます。車種によっては30万円以上の開きが出ることも結構あります。

 

損をしないためにも、是非この記事も読んでいってください。
>>車は下取りに出しちゃダメ!買取りに出した方が高く売れます!