新古車の納車までの期間|新古車は購入から何日位で納車される?

新古車の納車までの期間|新古車は買ってから何日位で納車される?

車のキーを手渡す営業マン

 

未使用の納期って、どれくらいの期間が必要なのでしょうか?

 

車を買う時、選んでいるときはドキドキして楽しいですよね。色々と調べたり、比較したり。そしてやっと契約まで行けば、1日でも早く納車して欲しいですよね。

 

ただ、「新車」「未使用車」「一般の中古車」によって納期は異なります。

 

今回は、未使用車の納期についてのお話です。

車を乗り換える人は必見!愛車の相場を知らないと30万円以上も損をする!?

 

ディーラーの下取りは査定額を相場より低く見積もり、そこで儲けた差額を、値引き額に上乗せして、すごく値引きをしたかのように見せかけるので注意が必要です!まずは、愛車の相場を知っておきましょう。

 

最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

自動車の納期について

 

新車の場合の納期

新車の場合は、ディーラーと契約してからメーカーにオーダーをだして、そこからメーカーオプションを付けたりするので、通常約2W〜1ヶ月位の期間が必要です。(一応受注生産、と言う事になっています。)

 

最近は在庫としてもある程度保有しているようですが、メーカーは「これくらいは売れるだろう」と販売台数を予測して、生産計画を立てています。

 

ただ、予想よりもはるかに受注数が多くなる人気車種もあります。

 

例えば2018年7月5日に発売されたスズキ 新型ジムニーですが、納期が1年以上となっていました。2019年1月現在は生産数を1.5倍に増産しているようですが、人気のジムニーシエラは今でも納期一年半〜二年となっています。

 

下手すりゃフェラーリよりも国産の軽自動車の方が納期がかかる、という状態になっています。

 

これは特別な例ですが、新車の場合(特に新型モデル)は、ある程度の納期は見ておいた方がいいです。

 

新古車(未使用車)の納期

 

未使用車は、メーカー純正オプションを付けることがないため、すでに在庫の状態で存在します。内部リンク:未使用車のオプションについて

 

そして、新車であれば新規に登録する手続きが必要となりますが、未使用車はすでにディーラーの名義で登録されています。

 

そのため、名義変更の手続きでだけ済みますし、普通の中古車と違って、念入りな点検や整備の必要もないので、納期はグッと早くなります。必要となるのは、新車の保証継承手続き位でしょうか。

 

新車の保証継承とは、新車で購入した時のメーカー保証を次のオーナーに引き継ぐことです。

 

これを行っていないと、有効期間の保証がなくなってしまい、故障などの不具合があった場合、有償修理になってしまいます。

 

未使用車の保証継承をしないとダメな理由【新古車購入@なび】

 

ディーラー系で新古車を購入した場合は、ほとんどの場合はこちらから言わなくても保証継承をおこなってくれますが、オークションや中古車販売店で購入した場合は、車をメーカ系ディーラーに持って行って保証継承を行ってもらいます。

 

点検といっても半日くらいで出来る作業です。購入した販売店が代行で行ってくれる場合がほとんどですが、代行費用はマチマチです。

 

自分でディーラーに持ち込むことも、全く問題ありません。

 

新古車(未使用車)の場合は、メーカー保証期間であることがほとんどですので、購入時には必ず保証継承について確認しましょう。

 

以上の事から、

新古車の納期は大体は1週間位、みておけばOKです。

最短で即日〜2日で納車できる事もあるようです。

 

先程、メーカーオプションは付けれませんとお伝えしましたが、カーナビ・オーディオ・ホイール・エアロなどのディーラーオプションは付けることが可能です。

 

その場合は、納期が少しのびる可能性があります。

 

虫眼鏡で探す少女

 

未使用車の探し方

 

納期も早くて人気のある新古車(未使用車)は、店頭やホームページで公開されるとあっと言う間に売れてしまいます。人気車種なら、なおさらです。

 

ですので、欲しい車を新古車で購入するのは結構大変ですし、自分で調べるにも限界があり、購入できる確率も低くなります。

 

実は、ホームページなどで公開されている車は、流通量のほんの一部(30%くらい)で、残りの70%は未公開車両なのです。

 

未使用車と言えども、店頭やホームページで公開されるまでには、少しの期間が必要になり、この状態の車を「未公開車両」と言います。

 

お買い得な新古車は、この未公開車両の中に多くあって、公開される前に買い手がついているケースが多くあります。

 

?未公開車両なのに、買い手がつく?

 

不思議ですよね。どうやったら未公開車両の情報を知ることができるのでしょうか。

 

それは、未公開車両を数多く保有している、業者に探してもらうのです。

 

気になる未使用車があれば、一度未使用車があるかどうか探してもらいましょう。下記のサイトで、備考欄に「未使用車でお願いします。」と記入すればOKです。

 

なびくる+

 

もちろん無料ですし、相談だけでもOKですので、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。即納や納期の短い未使用車の情報もありますよ。

 

 

人気の未使用車の値引きって可能なの?

 

新古車の値引きは可能なのでしょうか?未使用車は、もともとの価格を安く設定している事もあって、「ほとんど値引きは無い」というのが現状です。

 

車の買い替えであれば、値引きのために労力をかけるよりも、今の車を高く売ることを考えた方が良さそうです。

 

車の査定額は、ディーラーや業者によって金額は大きく変わってきます。車種によっては、30万円以上の開きが出ることも珍しくないのです。

 

査定額の差

 

車の査定には定価はありません。提示される査定額は、いわば「言い値」です。

 

ですので、我々も査定相場を知っておかないと、安く買い叩かれる可能性が高いです。

 

でもどうやって、最新の査定相場を知ることができるのでしょうか?

 

こちらのサイトで、簡単に最新の愛車の査定相場を知ることができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

簡単な入力後、すぐに査定相場が分かります。同時に、複数の買取業者に査定を依頼できますので、最高額で買ってくれる業者と価格も分かりますよ。

 

 

あなたにお勧めの記事が表示されています。

 

車は下取りに出しちゃダメ!買取りに出した方が平均で17万円も高く売れます!詳細記事

 

自動車保険、どれを選ぶ?同等の保証でも年間数万円の違いが!?詳細記事