シエンタ新古車|人気のシエンタの未使用車を探す方法

シエンタ新古車|人気のシエンタの未使用車を探す方法

sienta
TOYOTAシエンタ公式ホームページ

 

シエンタの新古車(未使用車)は車両価格のお買い得感や、購入時にかかる税金の安さから、大変人気があります。人気の車種やカラーは、ホームページにアップされると、アっと言う間に売れてしまいます。

 

ご希望のシエンタの新古車を、簡単に見つける方法についてお伝えします。
新古車(未使用車)についての説明は各メニューをご覧ください。

 

シエンタの新古車(未使用車)を簡単に探す方法

 

・1件1件探して回る
中古車センターやトヨタのディーラーを自分の足で見て回る、という方法です。

 

車好きには楽しい時間ですが、時間もかかりますし、なかなか望みの新古車に巡り合うのは難しいかもしれません。

 

探せる範囲や数にも限りがありますし、そのお店にお目当てのシエンタの未使用車があるかどうかもわかりません。

 

・インターネットで検索する
大半の中古車販売店はホームページを公開しています。そこで「未使用車+シエンタ」と検索すれば、すぐに探すことはできます。

 

ほとんどの方が、この方法で探されるのではないでしょうか。自宅にいても簡単に探すことができます。

 

でも、ここで注意してほしい事があります。

 

それは、インターネットに公開されている情報は、全体の30%程度にすぎない、という事です。

 

どういう事かと言えば、新古車といえども一度は登録されているので、販売できる状況にするためには手続きなどで一定の準備期間が必要なのです。

 

そのような、販売前の車を「非公開車両」と呼びます。

 

実はこの「非公開車両」の状態で、お買い得なシエンタからどんどん買手がついて売れてゆくのです。

 

ですので、この情報をうまく利用できると、かなり有利に未使用車を購入できる!という事になります。

 

でも「非公開の情報をどうやって探すの?」と疑問に思われるかも知れませんね。

 

実は、この未公開情報を得る方法はすごく簡単です。下記のサイトでシエンタを選んで、備考欄に「未使用車でお願いします」と記入すれば、ネットでは普通見ることのできない情報を教えてくれます。

 

なびくる+

 

相談だけでもOKですので、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

 

シエンタの未使用車の値引きって可能なの?

 

未使用車ですので、もともとの価格を低く設定していることから、「ほとんど値引きは無い」という状況です。

 

値引きのために、何回も交渉するなどの労力をかけるよりも、今の車を高く売ることを考えた方が良さそうです。

 

車の査定額には定価はありません。提示される査定額は、いわば「言い値」です。ですので、我々も愛車の最新の査定相場を知っておかないと、安く買い叩かれる可能性が大きいです。

 

実際にお店によって査定金額はこんなに違います。
査定金額の差

 

ですので、まずは事前に最新の愛車の査定金額を把握して、それから複数のお店に見積を依頼するのがべストです。

 

こちらのサイトで、1回の入力ですべて行うことができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

簡単な入力後、すぐに愛車の最新の査定相場が分かります。同時に、複数の買取業者に査定を依頼できますので、最高額で買ってくれる業者と価格も分かります。

 

今の車が20万円高く売れれば、シエンタの未使用車を20万円値引きしてもらったのと同じことになります。

 

無料で使えますので、是非一度お試しください。

 

 

- シエンタ -

・新車車両価格:168万円〜232万円
・JC08モード燃費:ハイブリッド 27.2km/L ガソリン車 20.2km/L
・排気量:1.5LL
・駆動方式:2WD 4WD

2003年9月に初代が発売を開始されたシエンタ。コンパクトなボディに3列シートを備えたミニバンとして登場しました。

 

最初から後席に両側スライドドアを採用されていました。

 

このサイズで3列シートというのは、需要はあるものの選択肢が少ない車種で、ホンダのフリードが登場してからは、シェアを奪われていました。

 

しかし、発売から12年経過した2015年、初のフルモデルチェンジを行います。従来の「ミニバン=四角いハコ型」という概念を打知破り、独特なデザインで登場します。

 

この外観は、「トレッキングシューズ」をイメージされたようです。ボディカラーも斬新で、時に「エアーイエロー」はインパクトが強かったですね。CMでもバンバン流れていました。

 

その結果、予想をはるかに超える売り上げ台数になりました。

 

発売からしばらくは、納車までの期間が半年近くかかるなど、生産が追い付かない状況が続きました。

 

ホンダのフリードに奪われていたユーザー層を一気に取り戻しました。

 

こうした影響もあり、ホンダのフリードもモデルチェンジを行います。ますます、この戦いに拍車がかかりました。

 

したがって、競合車はやはり「フリード」になります。

 

個人的には、機能性、内装、走行性能などは後発のフリードのほうがやはり優勢かと思いますが、それ以上にデザイン面でシエンタかな、と思います。

 

フリードは、短いステップワゴンそのもので、あまりにも個性が無いように感じてしまいます。

 

最初は、「なんだこりゃ?」と思った、シエンタのデザインが今では大変気にいっています。

 

知らないとソンをする!

 

車は下取りに出しちゃダメ!買取りに出した方が平均で17万円も高く売れます!詳細記事

 

自動車保険、どれを選ぶ?同等の保証でも年間数万円の違いが!?詳細記事