フリード新古車|お得な未使用車を簡単に探す方法はコレ!

フリード新古車|お得な未使用車を簡単に探す方法はコレ!

hondaフリード

 

HONDA公式サイトより

 

フリードの新古車(未使用車)は車両価格のお買い得感や、購入時にかかる税金の安さから、大変人気があります。人気の車種やカラーは、ホームページにアップされると、アっと言う間に売れてしまいます。

 

ご希望のフリードの新古車を、簡単に見つける方法についてお伝えします。
新古車(未使用車)についての説明は各メニューをご覧ください。

 

フリードの新古車(未使用車)を簡単に探す方法
新古車を探す方法はいくつかあります。

 

・1件1件探して回る
中古車センターやフリードのディーラーを自分の足で見て回る、という方法です。車好きには楽しい時間ですが、時間もかかりますし、なかなか望みの新古車に巡り合うのは難しいかも知れません。

 

探せる範囲や数にも限りがあります。

 

・インターネットで検索する
今やほとんどの中古車販売店はホームページをもっています。そこで「未使用車+フリード」と検索すれば、すぐに探せます。

 

ほとんどの方が、この方法で探されるのではないでしょうか。自宅にいても簡単に探すことができます。

 

でも、ここで注意してほしい事があります。それは、インターネットに公開されている情報は、全体の30%程度にすぎない、という事です。

 

どういう事かと言えば、新古車といえども一度は登録されているので、販売できる状況にするためには手続きなどで一定の準備期間が必要です。

 

そのような、販売前の車を「非公開車両」と呼びます。

 

実はこの「非公開車両」の状態で、お買い得なフリードからどんどん買手がついて売れてゆくのです。

 

ですので、この情報をうまく利用できると、かなり有利に未使用車を購入できる!という事になります。

 

でも「非公開の情報をどうやって探すの?」と疑問に思われるかも知れませんね。

 

実は、この未公開情報を得る方法はすごく簡単です。下記のサイトでフリードを選んで、備考欄に「未使用車でお願いします」と記入すれば、ネットでは普通見ることのできない情報を教えてくれます。

 

相談だけでもOKですので、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

なびくる+

 

 

フリードの未使用車、値引きって可能なの?

 

フリードの新古車の値引きは可能なのでしょうか?新車であれば、ある程度の値引きは可能ですが、元々金額を下げている未使用車となると「ほとんど値引きは無い」という状況です。

 

値引きのために、労力をかけるよりも、今の車を高く売ることを考えた方が良さそうです。

 

車の査定額には定価はありません。提示される査定額は、いわば「言い値」です。ですので、我々も査定相場を知っておかないと、安く買い叩かれる可能性が大きいです。

 

実際にお店によって査定金額はこんなに違います。
査定額の違い

 

ですので、まずは事前に最新の愛車の査定金額を把握して、それから複数のお店に見積を依頼するのがべストです。

 

こちらのサイトで、1回の入力ですべて行うことができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

簡単な入力後、すぐに愛車の最新の査定相場が分かります。同時に、複数の買取業者に査定を依頼できますので、最高額で買ってくれる業者と価格も分かります。

 

今の車が20万円高く売れれば、フリードの未使用車を20万円値引きしてもらったのと同じことになります。

 

無料で使えますので、是非一度お試しください。

 

知らないとソンをする!

 

車は下取りに出しちゃダメ!買取りに出した方が平均で17万円も高く売れます!詳細記事

 

自動車保険、どれを選ぶ?同等の保証でも年間数万円の違いが!?詳細記事

 

- フリード -

 

新車価格:188万円〜274万円

 

ラインアップ
ハイブリッド:フリード HYBRID B、 HYBRID G・Honda SENSING、HYBRID EX

 

ガソリン車:フリード B、フリード G、フリード G・Honda SENSING

 

フリードは、ミドルサイズミニバンでは少々大きすぎると考えているユーザーに、「ちょうど良いサイズ」をコンセプトにしたミニバンです。

 

シートアレンジは、6人乗りと7人乗りのシートタイプが用意されています。

 

普通車サイズのボディに3列シートというコンパクトミニバン。実は、このサイズのミニバンは需要が多い割に、あまり選択肢が無い状態でした。

 

フリードの前身となる「モビリオ」がこのジャンルの先駆けとなっています。そのコンセプトを引き継いで、2008年に初代フリードが登場しました。

 

フィットなどのコンパクトカーよりも少しだけ大きくはなりますが、1BOXに比べるとコンパクトであるため、女性にも取り回しがしやすく人気を博しました。

 

初代は8年というロングライフで、いわばこのフリードが独り勝ち状態だったのです。

 

でも、トヨタから新型シエンタ が発売されるや、シエンタの月間販売台数はTOP3に入る人気を維持しています。

 

かなりのユーザーをシエンタに奪われたのではないでしょうか。

 

そこで巻き返しを図り、2016年9月にフルモデルチェンジを行い、現在の2代目となっています。

 

2017年1月の販売台数を見てみると、

・TOYOTAシエンタ 9,108台 前年比92.8%
・HONDAフリード 9,029台 前年比295.0%

となっています。わずかにシエンタがリードしていますが、前年比を見るとかなり勢いが変わってきているのがわかります。

 

昨年の1月といえば、確かシエンタは納期が3か月以上となっていました。

 

フリードの購入をお考えであれば、ディラーで「シエンタも候補にあります」と伝えると値引きが大きくなる可能性があります。